小学校受験の面接試験対策
2016.08.29

小学校受験は早い段階から対策を練っていくのが望ましいとされていますが、筆記テストだけではなく面接試験なども存在しています。また面接の場合、筆記試験より重視される傾向があるので、試験当日に臨める状態にしておくのが大切です。面接で訊かれてくる質問や形式は学校によって違うことがありますが、形式の場合は親子が一緒に受けるタイプもあります。色々なタイプにも対応できるように事前の準備をしておくことも欠かせないと言えます。ただし、漫然と準備をするというのは良くないので、どのような学校へ通いたいのかを考えておく必要があります。学校選びというのは重要な行為であり、それによって子どもの性格と相性の良い学校を見つけることができるかもしれないからです。相性の良い学校を見つけることができれば、その学校に合格できる可能性が出てくると思われます。また、もしもの場合に備えて候補の学校をいくつか探してみるというのも有効な手段だと言えます。

親の助力は小学校受験において不可欠なので、日ごろから子どもに対する教育を行っていくようにします。例えば、知り合いの人などにであったら挨拶することを子どもに覚えさせておくようにします。他にも存在しますが、挨拶は試験当日でも行っておかなければならない基本的な行動の一つです。挨拶ができないと元も子もないので、最低限挨拶をすることを心に留めさせておくことが重要です。日ごろの教育は大切ですが、合格させようとするあまり、厳しくなり過ぎないようにすることも心がけておきます。なぜならば、厳しくし過ぎると逆に子どもが萎縮し、今後の対策に差し支えが出てくるからです。試験の準備にストレスを感じるようになっているのであれば、子どもと一緒に遊んだり、お出かけしたりするといったリフレッシュをするのも有効な方法だと言えます。

学校によっては、面接官が父親とどのように触れ合ったのかを尋ねてくるケースもあるとされています。なので、かのような質問に答えられるようにするためにも、父親も小学校受験の準備に関わることも必須です。ただ関わるといっても、子どもと遊ぶだけでもれっきとした対策になっていると言えますので、生真面目になる必要はありません。また受験のための準備に疲れが溜まっているという場合でも父親の存在は重要だと思われます。受験の準備は子ども一人だけではできないので、家族が協力し尚且つ楽しんで行うことが成功へ近づくためのコツです。

▲ ページトップへ