合格に重要なこどもが身につける力(スキル)
2016.08.29

小学校を受験に挑戦する家庭の多くは私立小学校を中心に検討する事が多いです。少子化と言う事もあり一般家庭からの受験も多くなり人気校の受験合格はかなりの難関になります。特に有名大学付属小学校は根強い人気です。受験準備をスタートするのは各家庭によって異なりますが、多くは幼稚園に通いながら受験用の幼児教室を利用する事になります。受験に必要な能力を身に付ける力には個人差があります。あまり周りのお子さんと比較しないように見守る事も親として大切な事です。数多くある学校から子供に合った学校を探すのは意外と難しいです。家庭内で良く検討する事も大切ですが、第三者の立場として幼児教育の先生と話し合う事も大切です。また小学生なので通学距離や通学にかかる時間はとても良く検討する必要があります。

私立小学校の場合は、学校のカラーや教育方針などが異なりますので、子供に合った学校を選ぶ事が重要になります。個性を伸ばし、将来に向けて必要な教育を受けられるような学校を選ぶ事が重要です。受験に合格する為には、年齢に応じた必要なスキルを身に付ける事になります。学校によって考査基準などは異なりますが、どの学校も伸びる子供を合格させたいのは同じです。小学校受験を準備する為の幼児教室の利用は、実績などを考慮して選ぶ事が多いです。学校によって対策方法が異なりますので、教室を選ぶ際には、希望する学校に強いかどうか事前に調べておくと安心です。幼稚園から帰ってきてから通いますので、アクセスの良い教室を選ぶと無理なく通う事が出来ます。考査内容は学校によって異なりますので、希望の小学校に対して指導を行っているか確認してから利用する事が必要です。小学校受験は、家庭内の教育方針も問われる部分でもあります。保護者の面接がある学校も多いので事前に面接の準備をしておくと安心です。

年齢に応じた運動能力、知能などは基本的な選考として設けられています。女子の場合は、身だしなみやマナーなどを問われる女子校もあります。最近はペーパー試験を重視する学校が少なくなり、行動観察など子供の本質を考査する学校が増えてきています。好奇心旺盛で、前向きに挑戦していくような積極的な子供を求める学校も少なくありません。自分の考えを自分でしっかりと伝える事が出来る事は大きなポイントになります。エスカレーター校では基本的に特別な事がない限り継続して進学していく事が出来ます。その為、小学校受験時は慎重に考査を行い合否を出します。

▲ ページトップへ